可愛いチワワがさらに可愛い!人気のチワワミックスをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

チワワとほかの犬種を掛け合わせて誕生した犬を「チワワ ミックス犬」と言います。実は密かに人気が高いのです。

チワワの小さな可愛さが、ほかの件湯の良い部分と掛け合わせることで、素晴らしく愛らしいわんちゃんに、なるのです。

時折、街で見かけるミックス犬の中でも、チワワの血が入っているミックス犬は、一目見ただけで容姿の特徴から、チワワの雰囲気が伝わる雰囲気が素敵です。

純血種のチワワの場合には、あらかじめ基準があります。一方でミックス犬の場合には、全体的に甘いお顔になることが多く、純血種にはない、新たな魅力があると言われています。

チワワのミックス犬の中でも代表的なものを取りあげてその特徴をまとめてみました。

チワックス

チワワの丸い瞳とダックスフンドの胴長短足の愛らしさは、ファンの間では手放しで「可愛い!」と評判のミックス犬です。

ダックスフンドは純血でも可愛い雰囲気をもっています。そこに、チワワの小さなお顔とくっきりとした瞳がミックスされているのです。チワックスはチワワのミックス犬の中でもとても人気の高いミックス犬です。

ただ、それぞれの犬種が元々持ち合わせている性格の特性があります。例えば、ダックスフンドは吠えやすいという傾向があります。

そしてチワワは、警戒心が強いので、二つの性格が表に出てしまうと、しつけ面で苦労する場合もあるのです。ただ、育て方次第で、とても従順で可愛らしい子に育ちます。

ミックス犬を育てる場合には、「ダックス」「チワワ」それぞれの特性をきちんと捉えておくことが重要です。もともと、ミニチュアダックスは、落ち着いた性格を持ち合わせています。そこにチワワの臆病な性格が加わることで、甘えん坊の性格に育ちます。

体重は?

ミックス犬の場合には、チワワほど小さな体つきにはなりません。ダックスフンドほど大きくなく、チワワほど小さくもないので、3キロ前後という成犬サイズになります。

あくまでも小型犬として室内で育てやすいのです。体系はダックスの特徴を強く引き継ぐ場合がほとんどです。

チワプー

チワプーは、とにかく一目見た瞬間思わず手を伸ばして触れてみたくなるような愛らしい容姿を持ち合わせています。トイプードルの美しい被毛に、チワワの澄んだ瞳が掛け合わせているところも、十分なに魅力です。

トイプードルの良さと、チワワの良さが掛け合わせられることで人気の高いチワワのミックス犬として大人気です。実際の性格はどんな感じでしょうか。容姿の愛らしさでは抜群の人気を誇っています。

チワワ×トイプードルの性格とは?

チワワはどちらかといえば、すべての子が社交的というわけではありません。神経質で怖がりな子が多いので、社交性の面では、トイプードルの社交性には欠けます。

そこに、トイプードルの愛想の良い、社交性が加わることで、一層その性格は華やいだものになるのです。

ポメチワ

ポメラニアンの可愛らしい気の強さとチワワの持つ甘えん坊の性格を両方受け継いでいるのが、ポメチワの魅力です。

体格はポメラニアンに近くなり、3キロ前後の大きさです。独特な存在感のあるポメチワは愛好家の人も多いようです。ポメラニアンの持つ、ふんわりとした被毛が特徴的です。

臆病で神経質なチワワのメンタル面も引き継ぎますので、子犬の頃から十分に人やわんこに慣れさせる訓練も必要です。

ポメチワの育て方のコツ

ポメチワはチワワのミックス犬の中でも、特に抜け毛が多くこまめにブラッシングが必要になります。日々のこまめな被毛の手入れは不可欠になりますのでお世話の難度は高めになります。

美しい被毛と輝く瞳を持ち合わせる独特の雰囲気を持つポメチワを育てるうえで覚えておいてほしいことがあります。ポメラニアンは吠え癖が強めに出てしまう犬種です。

そこに怖がりのチワワの血が入りますので、しつけ面ではやや、苦労をする場面もあるかと思います。それ以上に、外観の美しさやキャラクターの素晴らしさで、飼い主を魅了するのがポメチワです。

チワマル

チワワもマルチーズも、甘えん坊の性格を持ち合わせています。将来的にどんな成長をするのかは予想の範疇ですが、チワマルは飼い主さんに甘える性格の子が多いと言われています。

愛嬌のある犬種同士の掛け合わせですので、育て方によっては室内犬として、家族同様に何時もそばに居るタイプのわんちゃんに成長するはずです。

チワマルの魅力とは?

チワワ個体の性格としては、臆病なうえにツンデレの部分もあることが言えます。そこに、マルチーズの愛嬌のある性格が重なり合うことで、趣のある性格が予想されます。

チワワの愛らしい性格にマルチーズの忠実で愛嬌のある人当たりの良さが加わることで、一層可愛いチワマルの成長が期待できそうです。

外観はマルチーズの印象が、とても強いのが特徴です。サイズ的にはチワワの小ささを継承して2キロ前後で収まることがほとんどです。

運動量はチワワもマルチーズもそれほど多くなくても大丈夫な犬種ですので、室内運動だけでも十分です。毎日の散歩が大変!と感じている方に向いているミックス犬です。お手入れ面ではマルチーズの血筋を受け継ぐことが多いので、抜け毛は全体的に少なめです。

パピチワ

パピヨンとチワワの掛け合わせのミックス犬は、チワワのミックス犬の中でも一番華やかで人気のあるミックス犬です。パピヨンの美しい毛並みとチワワの可愛い顔の作りが混ざりあった魅力を感じます。

パピヨンと言えば、耳に美しい飾り毛があります。ミックス犬にもそのまま引き継がれているので、ゴージャスなチワワという印象があります。

パピチワの性格の魅力について

そもそもパピヨンの性格は活発で元気という印象です。気が強くて、吠え癖があるのもパピヨンが持ち合わせる性格です。そのうえ、利発な部分もあるので、チワワ特有の性格が重なり合うと、一層個性的な性格になります。

チワワはそもそも学習能力の高い犬種です。パピヨンの利発さとチワワの知能の高さがミックスされるときに発揮される魅力には大いに期待できるのです。

ただ、チワワの臆病な性格も混ざり合うことを考えると飼い主がしっかりと弱い部分はサポートをして、克服するためにしつけ面も努力すると、両方の犬種の良さがうまくコラボレーションするのです。

チワズー

チワワとシーズーのミックス犬は「チワシーズ」という呼び名も持っていて愛好家には人気のミックス犬です。

チワワもシーズーも口回り部分(マズル
が短いので、ミックス犬も顔全体が詰まった感じのしあがりになります。体系的にはシーズーの短足の体系が引き継がれることが多いようです。

チワズーは暮らしやすいミックス犬?

チワワの性格は一般的に臆病で勇敢と言われるほど、二面性のあるところが魅力の一つです。シーズーの場合には、とても穏やかで吠え癖も少ないのが特徴です。

その反面、頑固な部分も持ち合わせているので、チワワの臆病な部分と重なり合うと、しつけ面で苦労しそうです。そういう意味でも子犬のときから社会化にいそしんで、飼い主さんとの絆をしっかりと保てると、その後の暮らしがとても楽しくなります。

ミックス犬の場合には、両方の犬種の良さを生かした飼育が大切になります。

ミックス犬を育てるということ

チワワのミックス犬ということは、つまり純血種から外れたハーフ犬ということになります。

一般的にチワワと掛け合わせる他の犬種の良い部分が掛け合わさることでチワワの純血種よりも病気に強い子が生まれる傾向があるのです。

遺伝の病気に注意をする

チワワ自体の遺伝性の病気には、水頭症や膝蓋骨脱臼などが挙げられますが、ミックス犬の場合には、掛け合わせる犬種特有の遺伝性の病気を一応チェックしておくことをオススメします。

定期的に動物病院で関節のチェックや年に一度の血液検査などを介して、健康チェックについては飼い主さんが敏感であることは言うまでもありません。

ミックス犬のメリット

ミックス犬はとにかく可愛い!世界にこの子だけの魅力がある!という声が多いのです。両親の良いところをもらって純血種にはない、個性的な可愛らしさを発揮するのが特徴です。

ミックス犬の個性を重視して、しつけ方法や飼育方法を工夫することで、事故や病気を未然に防ぐことも出来るのです。

雑種強勢という言葉通り、違う血が交じりあうことで、寿命も長く丈夫な子が生まれやすいようです。

飼い主さんにしかわからない、ミックス犬の魅力はやはり、そのワンちゃんにしか持ち合わさらないものを感じられることが注目される点だと考えられます。つまり、オンリーワンという意味です。

ミックス犬のデメリット

両親が同じ純血種のチワワならば、成犬時の大きさや性格の方向性は予想できるものです。ただ、ミックス犬は成犬時の大きさが予想できないことが多いのがデメリットの一つです。

そして、純血種のように育て方のマニュアルが全く備わっていないことも、覚悟しなければいけません。ミックス犬は、育ててみないとわからない点が多々あります。

言い換えればそこに趣があるので、飼い主さんとしては、育てているうちに一層の愛情が湧く、育てている甲斐がある、という声もあります。

これは、しつけと愛情で克服できる点ですので、根気よく育てていくことで、なんら障壁にはならないはずです。

チワワのミックス犬と楽しく過ごすために

家に迎え入れた日から、チワワのミックス犬と将来は飼い主さんの手に委ねられるのです。あまり「きちんと育てたい」という意識を強く持ちすぎず、ミックス犬と一緒に飼い主さんも成長をしていけばよいのです。

先もって、チワワ固有の性格とミックス犬として、掛け合わせた犬種について、あらかじめ学習をしておけば良いのです。知識を持ち合わせることで、ミックス犬育てもとても楽しいものになるはずです。気負わず自然体で取り組んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る