安全なドッグフードを見分ける3のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

愛犬に安全なドッグフードを与えたいと思っていても、どんなドッグフードが安全なものか分からないとお悩みではないですか?

または、なんとなく量販店で売っているドッグフードを与えつつ、不安になっていませんか?実は、安全なドッグフードは見分けるポイントがあるんです。

今回は、安全なドッグフードを見分けるための3つのポイントをお伝えします。安全なドッグフードとはどんなドッグフードなのか、愛犬のために勉強してください!

安全なドッグフードは、水につけても膨らまない

安全なドッグフードとはどんなもののことでしょうか?簡単に判別する方法があります。それは、「水につけてみる」ことです。

安全なドッグフードは水につけていても、膨らむことがありません。何故なら、余計な原料が入っていないからです。

メーカーは、コストを下げるために、ドッグフードに「かさまし材料」を入れることは非常によくあります。「かさまし材料」とは、犬にとって消化吸収が苦手な穀物を炭水化物原として多く使用しすることです。

こういった「かさまし材料」を入れることで、コストを下げて、利益をできるだけ多く確保するために、「かさまし」は頻繁に行われています。

今、愛犬に与えているドッグフードも、一度、水につけてみると良いかもしれませんね。

原材料に要注意すべし!

ドッグフードは、1キロ400円程度の物から、1キロ5000円程度のものまで様々ですよね?何故こんなにも金額が違うのでしょうか?

それは、原材料に大きく違いがあるからです。特に注意してみていただきたいのが、「タンパク質」です。犬の食事において、最も重要な成分が「タンパク質」です。

この「タンパク質」の量が、ドッグフードの金額と比例していると言っても過言ではありません。安いドッグフードは「タンパク質」が少ない傾向にあります。

何となくドッグフードを選ぶのではなく、必ずドッグフードのパッケージに記載されている「成分表」を見て、動物性たんぱく質がどの程度入っているのかを確認しましょう。

安全なドッグフードを見極めるためのQ&A

それでは、安全なドッグフードはどのように見極めるのが良いでしょうか?よくある質問にお答えしますね。

テレビCMで見かける大手のドッグフードは安全ですよね?

残念ながら、そうとは限りません。テレビCMというのはたくさんのお金がかかります。たくさんのお金をかけてテレビCMをする理由は何でしょう?それは、「売るため」です。それ以外に理由はありません。

「売るため」にたくさんお金を使うこと=安全なドッグフードではありません。原材料やかさましがされていないか、チェックをしましょう。

美味しそうなドッグフードを選んでいますが、それはどうですか?

犬は色弱のため、色の違いがよく分かりません。美味しそうな色や形に加工されているフードは、あくまで「人間向け」に作られたものです。

逆に、安全なドッグフードと言える、無添加ドッグフードは形や色はキレイなものではありません。形や色をキレイにするためには、添加物を入れなくてはいけません。形や色がキレイなものは、安全ではないと考えたほうが良いかもしれませんね。

動物病院の先生に勧められたものは安全ですよね?

療法食であれば、安全なドッグフードと言って良いと思います。しかし、療法食でないドッグフードが置かれている場合もありますよね?

その場合は、ドッグフードメーカーの営業マンが、動物病院の先生と交渉をして、ドッグフードを置いてもらっている場合も多くあります。

病院で置かれているドッグフードは、ほとんどの商品が良いものであることは間違いありませんが、稀に利益目的のために置かれているものもあるということを、頭に入れておいても良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?安全なドッグフードを見分けるためには、3つのポイントに注意するということがご理解頂けたかと思います。

どんな飼い主様でも、愛犬には一日も長く健康で元気でいてほしいと思うものです。今回ご紹介した3つのポイントを参考にして、愛犬の健康を守ってあげてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る